エイトフォーって色々な種類があるけど、本当は多汗症に効果ってあるの?

エイトフォーの多汗症効果は?

目次[

結論から言うとワキガを抑制することはできなかった!!

脇汗に悩んでいる人は日本国内に大勢います。

汗をかくこと自体は自然なことであるとはいえ、汗をかいているとにおうのではないか、汚いと思われるのではないかなどと考えてしまう人は少なくありませんよね。

実際インターネット上で4,700人以上を対象に行われた調査では
  • 「絶対に汗をかきたくない人」と「できることならかきたくない人」が合わせて36.7%
  • 「汗を目立たないようにしたい人」は34.3%

という結果が出ております。

特に10代から30代の若い世代では7割から8割が汗をかきたくない、もしくは目立たないようにしたいと考えています。

制汗剤といえば多く人が「エイトフォー」をイメージする

そのように脇汗を気にする方たちの強い味方といえば制汗剤です。

制汗剤にもいろいろな種類がありますが、多くの方はエイトフォーをイメージするのではないでしょうか。

エイトフォーは花王が販売している制汗剤でテレビコマーシャルなどでもよく見かけますよね。

ではこのエイトフォーは実際にどのような効果があるのでしょうか。

実際にメーカーが推奨する効果ってなに

まず覚えておくべきなのは、よく耳にする「制汗剤」と「デオドラント剤」には違いがあるということです。

制汗剤はその名の通り汗を出にくくするもの、一方でデオドラント剤は脇の下や足の裏の雑菌の繁殖を防いで、においを抑えるものです。

エイトフォーは制汗剤の効果とデオドラント剤の効果を兼ね備えた製品が多く販売されています。

特に売れ筋の商品はパウダースプレーです。

自然由来の殺菌成分が含まれているので肌にも優しく、高い効果を発揮します。

脇汗をかいてしまっていても雑菌の繁殖が抑えられるのでワキガのようなにおいや服の汚れから発生するにおいを防ぐことが可能なのです。

皮脂にしっかり浸透してくれるので、まだ表面に出てきていない汗に含まれるにおい菌まで殺菌してくれます。

やなさん

あまりこの技術に関心がある人も少ないかもしれませんが、噴射音が抑えられた設計になっているんですよね。

だから、会社などで使用しても同僚に気づかれる心配も他の商品と比べると断然少ないんです。

パウダースプレーらしくサラサラしているので脇の下に使っても爽快ですし、首筋や胸、背中など体のいろいろな部分に使うことが可能です。

エイトフォーは多くの人から支持を集めているだけあって、なかなか高い効果を発揮してくれます。

  • 脇汗が多くて悩んでいるという方
  • 汗をかいた時にちょっとにおうような気がするという方

は一度エイトフォーを使ってみると良いかもしれません。

軽度のワキガであればエイトフォーを使って症状を改善することもできます。

ぜひいろいろ試しながら自分に合ったエイトフォーの商品を見つけるようにしましょう。

エイトフォーでは効果がないと感じるケース

脇汗をたくさんかくという方は制汗剤を使って汗を抑えるのがいいと考えているかもしれません。

確かにそれは一つの方法で、制汗剤を使って脇汗を抑えられたというケースもたくさんあります。

しかし、制汗剤を使っているのに汗が止まらないと感じている人がいるのもまた事実です。

エイトフォーのように人気の制汗剤を使っているのに効果が感じられないという人もいますよね。

では、エイトフォーを使っても効果がないように思える原因について考えてみましょう。

そもそも使ってるエイトフォーって何を基準に選んでるの?

まず抑えておくべきポイントは制汗剤とデオドラント剤の違いです。

デオドラント剤はにおいを抑えることに主眼が置かれています。

一方で制汗剤は汗の量を減らすことを目的としています。

ですから脇汗が多いことに悩んでいる方はそもそもデオドラント剤ではなく制汗剤を選ぶ必要があるのです。

しかし、エイトフォーの製品の多くは制汗剤とデオドラント剤の両方の効果を兼ね備えたものです。

では、なぜエイトフォーを使っているのに脇汗が抑えられないということがあるのでしょうか。

それは汗の量と種類によって制汗剤を変えなければならないからなんですね。

汗が多い人や運動の後はウォータータイプがおすすめ

運動した後や汗っかきの方の非常にたくさんの脇汗の場合に効果的なのはウォータータイプの制汗剤です。

肌の表面に水分を補給できるので熱さが和らぎ汗の分泌を抑えることができます。

特にメントールが配合されているウォータータイプの制汗剤はスーッとするので気持ちもよくなります。

べたべたした汗が嫌だって人にはシートタイプがおすすめ

湿気が高い時のべたべたした汗の場合にはシートタイプが効果的です。

特にアポクリン腺から分泌される汗はベタベタしておりにおいの原因となります。

素早くしっかりとシートでふき取ることで汗を抑えることができます。

暑い日などの汗を抑えるのはスプレータイプがおすすめ

そしてエイトフォーなどのスプレータイプが効果的なのは汗の量がそれほど多くない方です。

普段はそれほど汗をかかないけれど、暑い日に外に出るから汗を予防するために制汗剤を使いたいという場合にはエイトフォーが最適なのです。

夏だけでなく、冬でも暖房によってちょっと汗をかいてしまうという時にもエイトフォーが効果を発揮します。

つまりたくさん汗をかく方や食生活の影響などにより汗がベタベタしてにおうことが多い方の場合にはエイトフォーの効果が薄れてしまうことがあり得るということなのですね。

夏の時期に汗をかくのは嫌なものですが、自分に合った制汗剤を使うことで不快感を最小限に抑えられます。

エイトフォーが自分向きかどうかをしっかり確かめて購入したいものです。

デオドラントや制汗剤を多用すると症状が悪化する可能性がある

デオドラントで症状が悪化する
エイトフォーのような制汗剤は男女を問わず夏の時期の強い味方ですよね。

特にビジネスパーソンの方であればワイシャツやブラウスに汗ジミができないようにするという効果が期待できます。

1990年代までは制汗剤に清涼感が求められていました。

スプレーであれクリームであれ、スーッとする感覚が重要だったのです。

しかし2000年代に入ると、今度は制汗剤に消臭効果が期待されるようになってきました。

そのためエイトフォーの製品の中にも制汗剤としての効果と消臭効果を兼ね備えているものが多く見られます。

しかし、エイトフォーのような制汗剤の中には注意が必要なものもあります。

それが銀イオンが配合されている制汗剤です。

エイトフォーの製品には銀イオン配合のものはないのですが、銀イオンが入っている制汗剤は非常に多くあります。

では、なぜ銀イオンに注意が必要なのでしょうか。

銀イオン配合による常在菌の死滅による臭いの悪化やアレルギーや肌荒れの懸念

銀イオンは強い殺菌効果、抗菌効果を持つイオンです。

そのためワキガの方であってもにおいを抑えることができます。

ワキガは脇の下にあるアポクリン腺から出る汗が肌の常在菌によって分解される過程で発生します。

銀イオンはこの細菌を死滅させることができるため、脇汗に伴うワキガに高い効果を発揮するのです。

さらに銀イオンは消臭効果を持ち、しかも持続性もあるため制汗剤、デオドラント剤としては極めて優秀なのです。

しかし、銀イオンは銀とは異なり毒性があることが指摘されています。

さらに、銀イオンによって金属アレルギーを起こす場合もあります。

銀イオンを原因とする金属アレルギーが起こると、脇の下などが荒れてしまい不衛生になります。

その結果細菌がより多く繁殖してしまい脇のにおいが悪化することがあるのです。

それだけでなく、高い殺菌能力が裏目に出ることもあります。

肌を清潔に保つのに必要な細菌も殺してしまうため体臭がきつくなる恐れもあるのです。

ですから制汗剤の中でも特に銀イオンが配合されているものには注意する必要がありますよね。

長く愛用するなら自然由来の成分がおすすめ

一方でエイトフォーの製品の多くは自然由来の成分を使ったものなので、体に悪影響があるということはほとんどありません。

もちろん銀イオンが配合されているものは今のところ販売されていないので、エイトフォーを使って脇汗の量が増えたり、脇のにおいがきつくなるということはほとんどないでしょう。

しっかりと人間の体のことを考えて作られている製品なので、ぜひ脇汗が気になるという方は使ってみるようにしてください。

エイトフォーを使う時の注意点とは

エイトフォーは制汗剤としてとても優秀な製品の一つです。

というのはアレルギーの要因になるようなものが配合されておらず、自然由来の成分によって脇汗などを制御することができるからです。

これからやってくる夏の時期にぜひ購入しておきたいと思うかもしれませんが、やはり正しい使い方を知っておくことはとても重要ですよね。

ではエイトフォーなどの制汗剤の正しい使い方について見ていきましょう。

仕様するタイミングは出かける前?それとも寝る前?

まず大前提としてエイトフォーを使うタイミングが重要です。

制汗剤はその名の通り「汗を制御する」ことが目的です。

つまり脇汗をかいてから脇にスプレーしてもそれほど効果が得られません。

せっかくスプレーしても有効な成分が汗と一緒に流れていってしまうことも考えられますよね。

ですからエイトフォーなどの制汗剤は入浴後の清潔な状態で使用するのがもっとも効果が高いとされています。

ココに注目!

もしスポーツをした後などに使用したい場合には汗拭きシートなどで脇の下の汗を拭きとり、できるだけ清潔な状態にしてからスプレーするようにしましょう。

デオドラント剤の場合には脇汗をたくさんかいた状態では効果が発揮されないこともあるので、可能な限り翌日の外出に備えて入浴後に塗ったりスプレーしたりするようにしてください。

夏の時期にエイトフォーを複数購入して使い切らなかったということもあるかもしれませんよね。

新しいエイトフォーの製品を買うのはもったいないと感じる方も多いと思います。

では、エイトフォーはどのくらいまで使用することができるのでしょうか。

使い切らなかったエイトフォーの効果はどのくらい持つの?

まずエイトフォーを未開封のまましまっておいた場合について考えます。

未開封品を押し入れなどにしまっておいた場合、製造日から3年程度はまったく問題なく使用することができます。

効果があることはもちろんのこと、サラサラした感覚も変化はありません。

ですから未開封の場合にはそれほど気にせずに昨シーズンのものを使用できるでしょう。

問題は開封して使っていたものの使い切らなかったエイトフォー製品です。

メーカーの説明では開封した制汗剤はそのシーズンに使い切るのが理想です。

ただし、においの変化や変色などがなければ問題なく使うことができます。

エイトフォーを使う時には衣服を着る前に肌から10cm程度離した状態で円を描くようにスプレーします。

できるだけ効果が持続するように乾燥してから衣服を着るようにしましょう。

正しい使い方をすることでエイトフォーの効果を最大限実感できるでしょう。

意外と知られていない販売されている様々な種類の商品ラインナップ

エイトフォーは脇汗に悩んでいる方の強い味方ですよね。

脇汗をたくさんかいてしまうと汗ジミができてしまったり、においが出てしまったりするのでできるだけ早く対処する必要があります。

エイトフォーは非常に多くのラインナップがあるので、きっと自分に合った製品を見つけることができます。

ここでエイトフォーの中のいくつかの製品についてご紹介しましょう。

エイトフォーには基本的に5つのラインがあります。

もっとも人気で有名なのがパウダースプレー

殺菌成分を含んだスプレーで、汗を抑えるとともににおいの原因となる細菌の繁殖も抑えることができます。

会社などでも気兼ねなく使えるように消音設計になっているのもうれしいポイントです。

さらによく考えられたスプレー技術によって舞い散りが少なく、スプレーをあてたいところに的確に当たります。

パウダースプレーはサラサラしているので脇の下はもちろんのこと、首筋や胸、背中などにも使うことができるでしょう。

無香料のスプレーに加えて、

  • せっけん
  • ジューシーシトラス
  • アクアティックマリンなど

7種類の香りがあります。

自然由来の成分を使っているというのもとても重要です。

脇汗をピンポイントに抑えられるロールオンタイプ

こちらは皮脂に浸透し、皮脂に隠れているにおいの元となる菌を殺菌してくれます。

長時間にわたってスプレーなどができない、まだしばらくの時間お風呂に入れないというケースでとても有効です。

こちらも

  • 無香料
  • せっけん
  • フレッシュフローラル
  • ジューシーシトラス

の4つの香りから選べます。

認知度が低いけど敏感肌用のロールオンセンシティブ

肌が敏感で通常のロールオンタイプでは少し強すぎるという方のために用意されているのがロールオンセンシティブです。

甘草由来の殺菌成分が配合されていることに加えて、低アルコールで作られているため刺激が少なくなっています。

つけた時にスーッとする感覚が少ないので、小さなお子さんでも使用できます。

デオドラントエッセンスは携帯用として便利

エイトフォーが出しているデオドラント剤の一つがデオドラントエッセンスです。

ミストタイプのデオドラントで、スプレーするだけで脇汗やにおいをサッと抑えてくれます。

携帯用に便利で、音が小さいのもうれしいポイントです。

足用のフットスプレーも販売されている

さらに脇汗とは関係ありませんが、エイトフォーはフットスプレーも販売しています。

イソプロピルメチルフェノールと消臭緑茶エッセンスという二つの殺菌成分で足の汗からくる嫌なにおいをカットします。

こうしたラインナップから自分のお気に入りを選んでください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする