【ヨーロッパー人の知恵袋】海外の人たちはこうやってニオイ対策してるみたいよ

ヨーロッパ人の知恵袋

ニオイに敏感な人が少ないだけでしょ!?

日本では汗が臭いということは「嫌なもの」「不潔」とイメージされてしまいますよね。

そのため、汗の臭い対策には日々気を付けている方が多いでしょう。

最近は消臭効果や持続性の高い制汗剤もたくさん売られており、汗の臭い対策もしやすくなっていますよね。

では海外ではどうか、というと日本とは少し考えが違うようですよ。

例えばフランスやイギリスなどのヨーロッパ圏では、日本人のように毎日湯船にしっかりと入ることはありません。

シャワーを浴びるのが主流で、フランスでは夜ではなく朝起きてから朝シャワーを浴びるのが一般的です。

だからというわけではありませんが、ヨーロッパ圏では日本ほど汗の臭いに敏感な人は多くありません。

汗の臭いが全くしないというわけではないですよ。

あちらはチーズやアルコールなど汗の臭いが強くなる食べ物を好む人が多く、そして日本ほど入浴が生活の一部になっていないので、臭いはしやすくなっています。

少しくらい汗の臭いがしても「それはその人の個性」ということで、嫌われることもなく他人の目を気にする必要もありません。

だからと言って、ヨーロッパの人が全く汗対策をしていないわけではないんですよ。

実は日本よりも意識が高い

人によっては、自分ならではの方法でしっかり臭い対策をしています。

例えば日本人も使っている制汗剤は、ヨーロッパ圏の人も使っていますよ。

日本人より強い臭いがする人が多いからか、海外製の制汗剤は臭いを抑える効果が高いと、日本で愛用している人もいるんです。

そして日本で言えば「おばあちゃんの知恵袋」のような方法ですが「ヨーロッパのおばあちゃんの知恵袋」で重曹とレモンを混ぜたものを臭いが気になるところへ塗る方法があります。

市販の制汗剤を使わずに、自宅にあるレモンを少し絞って重曹と混ぜるだけなので、とても簡単に臭い対策が可能ですね。

これは日本でも簡単に真似できます。

海外の人と言えば、やはり臭いをごまかすためか「香水の匂いがきつい」というイメージがあるかもしれません。

確かに好んで香水を付ける人は多いのですが、決して臭い対策というわけではない方が多いですよ。

ニオイの対策だけではない?

汗の臭いと同じく香水の匂いも個性のひとつと思っている方が多く、きちんとシャワーを浴びてから香水をつけている方ばかり見られます。

香水に消臭効果はありませんし、それはきちんとヨーロッパの人も理解しているといわけですね。

ヨーロッパの方の臭い対策は、日本でも真似できるものがあります。

ヨーロッパのおばあちゃんの知恵袋である、重曹とレモン果汁を混ぜるのはとても簡単ですね。

脇汗や体臭が気になる方は、やってみるといいでしょう。

汗対策の知恵袋!汗の臭いで悩んだらコレをやってよう

汗の臭いが気になったら、とりあえず汗対策の知恵袋を試してみましょう。

市販の制汗剤を使うのと同じくらい手軽にできますよ。

脇汗の臭いが気になったら、まずは市販の制汗剤を使ってみるのがお手軽ですよ。

スプレーやクリーム、スティックタイプなど、様々なものが販売しています。

自分の好みに合わせたものを選んでみましょう。

もし制汗剤でイマイチ効果が感じられなければ、今度は食事に気を付けてみるのもいいですよ。

汗の臭いというものは、食べ物に左右されてしまいます。

例えばにんにくやニラなどの臭いが強いものを食べ続ければ、汗も臭いが強くなるんですよ。

食生活を見直すだけで、汗の臭い対策になるのでやってみましょう。

どのような食べ物が汗の臭い対策に効果があるかというと、まずはしょうがです。

しょうがはよく魚や肉の臭みを消すために料理でも使われますよね。

人間の体臭や汗の臭いを消す働きもあるので、積極的に食べてほしいものの1つです。

レモンも殺菌作用・消臭効果があります。

脇汗の臭いは、皮脂が酸性に傾くと強くなるものです。

レモンは皮脂の酸化を防ぐ効果があるので、臭いを抑える効果が期待できますよ。

レモンそのものをかじるのは無理という方は、レモンティーでもいいです。

汗の量も抑えたいときには、大豆がいいですよ。

大豆イソフラボンには女性ホルモンを増やす効果があると言われます。

女性ホルモンが増えると汗をかくのを抑える効果が期待できます。

普段の食事に、これらの食べ物を意識して積極的に食べてみるだけでも変わるでしょう。

ストレスの低減はニオイの低減につながる

また食べ物以外では、ストレスを溜めすぎないようにしてくださいね。

ストレスが溜まってしまうと、女性ホルモンが減ってしまいます。

女性ホルモンは増やした方が汗をかくのを抑えてくれて臭い対策が期待できると先ほどいいましたよね。

というわけで、女性ホルモンが減らないようにストレスは溜めないようにしましょう。

高価な制汗剤を購入しなくても自分でできる汗対策はいろいろあります。

しょうがやレモンなど、汗の臭い対策に効果がある食べ物を積極的に食べるだけでもいいんですよ。

汗対策の知恵袋として、覚えておくと役立つでしょう。

もしここで紹介した知恵袋を試してみても効果がないと思ったら、病院で相談すればいいんです。

悩んでいる人は自分だけではないので、早めに受診してくださいね。

制汗剤選びの知恵袋!汗タイプに合わせて選ぼう

汗のタイプに合わせて選ぶ
制汗剤はいろいろなメーカーからたくさんの種類が販売されていますよね。

お値段にも差がありますし、何が違うのかよくわからない方も多いでしょう。

効果がどう違うのかもイマイチわからないし、自分には何が合っているのかも悩んでしまいますよね。

自分の汗タイプに合わせてピッタリのものを選ぶようにするのが効果的ですよ。

制汗剤には、

  • スプレー
  • ロールオン
  • スティック
  • クリーム
  • ペーパー

の5タイプが主流となっています。

一番メジャーなスプレータイプ

昔からあり一番メジャーなものがスプレータイプです。

直接汗の部分に触れないので衛生的ですし、背中など届きにくいところにもスプレーしやすいのがメリットでしょう。

いろいろな香りがあるので、香水感覚で使えるのも魅力的ですよね。

しかし肌への密着度は少ないので、効果の持続時間は短めとなります。

スプレーするときにシューっという音がするのが恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。

ニオイ対策も高いロールオンタイプ

ロールオンは容器の先に球体があり、そこを肌に直接付けると球体が回転して液体がでてくる仕組みです。

たっぷりと塗れるのと、スプレーのように白くならないので目立ちにくくなります。

密着度があるので臭い対策も高めですよ。

ただし液体が乾くまで時間がかかるのがデメリットとなります。

急いでいるときなどは乾く前に服を着ると汚れてしまうので注意してくださいね。

ニオイが強い方におすすめのスティックタイプ

スティックタイプは、リップクリームのように固形のものを肌に直接塗るものです。

汗の臭いが特に強くて気になる方は、断然スティックタイプが向いていますよ。

肌にしっかり密着して効果が長続きするので、朝塗って帰宅するまで塗り直さなくても大丈夫です。

ただし脇毛があると塗りにくくなります。

脇以外でよくあるのがクリームタイプ

クリームタイプは、手で直接塗るタイプです。

脇汗用のものもありますが、どちらかというと手汗用として人気が高いでしょう。

自分で量の調節がしやすいので、汗の量や臭いに合わせて使いやすいですよ。

ただし手で直接塗るので手が汚れやすいのと、あまり持続性がなく落ちやすいので、何度も塗りなおさないといけません。

シートタイプはサッと使える必需品

シートタイプは、汗のベタつきをさっと拭き取れるものです。

夏暑いときの寝起きやスポーツの後など、お風呂に入る暇がないときにも汗を拭いてサラサラな肌にできる手軽さが魅力でしょう。

アルコールやメンソールが入っているものが多いので、肌が弱い人は使う前に成分をチェックしてくださいね。

以上が制汗剤のタイプの説明です。

「制汗剤選びの知恵袋」として覚えておくといいでしょう。

「制汗剤の知恵袋」なんてお店の売り場にはないですし、前もってここで紹介した知恵袋を参考に自分に合ったものを選んでください。

脇汗対策の知恵袋!制汗剤とデオドラント剤の違いをしって使い分けるのがポイント

脇汗って量が多くなったり臭いがしやすいですよね。

そのために制汗剤やデオドラント剤を使う人が多いでしょう。

脇汗対策でよく使う人が多い、制汗剤とデオドラント剤ですが、実は「制汗剤」と「デオドラント剤」は違うものなんですよ。

同じものと思っていた方も多いのではないでしょうか。

脇汗対策をしっかりするために、制汗剤とデオドラント剤の違いは知っておきたいものです。

知らないで使っていると、自分の汗タイプに合っておらず、きちんと脇汗対策ができていないこともありますよ。

脇汗対策の知恵袋の1つとして、制汗剤とデオドラント剤の違いを勉強しておくといいでしょう。

まず制汗剤は、汗が出るのを一時的に抑えるものです。

毛穴に働きかけて汗がでるのを抑えてくれるので、汗の量が多い方向けでしょう。

対してデオドラント剤は、雑菌の繁殖を抑える効果があるものです。

そもそも脇汗が臭いやすいのは、汗から出た皮脂やたんぱく質が元からいる常在菌と反応してしまうのが原因です。

この菌の繁殖を抑えることで、臭わないようにしてくれる効果があります。

汗はあまりかかないけれど臭いが気になるという方はこちらがいいでしょう。

このように、似ているようで期待できる効果が全く違うのです。

しかし最近では

「制汗」と「デオドラント」のどちらの効果もあるものが増えてきています。

制汗デオドラントと書いてるものが当てはまるので、お店で買う前に制汗剤とデオドラント剤のどちらであるのか、またどちらの効果もあるのかを確認してから買うといいですよ。

どちらを使うか迷ったときは、制汗デオドラントを使うのも手軽にできる脇汗対策の知恵袋と言えます。

制汗剤もデオドラント剤も、スプレータイプやクリームタイプなど、様々なタイプのものが販売されているのも特徴の1つです。

特にデオドラント剤の方は、柑橘系や花の香りがついているものもあります。

香りがついているものは、汗の臭いをごまかしやすく自分の好きな香りをまとえるメリットがあるので人気ですよね。

しかし、中には自分の汗とデオドラント剤の香りが混ざってしまい、余計に臭いがきつくなることもあります。

香り付のものを買うときには注意してくださいね。

制汗剤とデオドラント剤の違いを知って使い分けることはとても大切なことです。

脇汗対策の知恵袋はたくさんありますが、この2つの違いをしらないで適当に使ってしまうと効果が期待できません。

制汗剤とデオドラント剤の違いはしっかり覚えておきましょう。

制汗剤はただ使えばいいわけではない!脇汗の量と臭い対策知恵袋

脇汗の量や臭いが気になるときに頼りになるのが、制汗剤などのデオドラント製品ですよね。

スプレータイプやシートタイプなどいろいろなものが売っていますが、どれを使うにも「使う前のケア」が大切なんですよ。

ただ使えばいいというわけではないので、正しい使い方を知っておきましょう。

脇汗の量と臭い対策上手さんは、正しい方法で使っているものですよ。

対策上手さんの知恵袋を参考にしてみましょう。

まず制汗剤を使う前には、脇をふき取るようにしてください。

汗をかいたままの肌に制汗剤を使っても、効果がすぐになくなってしまいますよ。

また雑菌と混ざって余計に臭いがすることもあるんです。

必ず拭き取りようにしてくださいね。

朝など自宅にいて時間がある場合は、シャワーで汗を流してしまうのが一番効果があります。

もし時間がない場合や外出先では、汗を拭きとってください。

汗を拭きとるときには、できればシートタイプのデオドラント製品を使いましょう。

もしない場合は、タオルなどで拭いてもいいですよ。

ただし乾いたタオルではなく、濡れたタオルを使ってください。

乾いたタオルだとニオイ菌を取りにくいですし、タオルと肌の摩擦でかゆみなどのトラブルの元になってしまいます。

きれいに汗を拭き取れたら、使う場所や時間によって制汗剤を使い分けるのも脇汗の量と臭いを抑えるポイントですよ。

例えば朝家を出る前ならば、ロールオンやクリームタイプなどの効果が長めのものを選ぶといいでしょう。

直に肌に濡れるタイプは、肌にしっかりと成分が密着してくれて、臭いや汗の量を抑えてくれますよ。

外出先や仕事中の休憩時間などに、時間があれば塗りなおすとさらに効果が長続きしやすいです。

塗りなおす場合はデオドラントシートでふき取ってから、スプレータイプのものを使うと手軽に汗対策ができますよ。

ロールオンと違い液体を乾かす手間もありませんし、さっとだして汗が気になる場所に使えるのが便利です。

ただしスプレータイプは効果が長続きしにくいので、できればちょっと時間が空いたときに塗りなおしてくださいね。

これらのことに気を付けるだけでも、汗の量と臭いはぐっと減りますよ。

もしできるならば、自分の汗タイプに合った制汗剤を選ぶとより効果的です。

ワキガの人ならば自分の汗の臭いと混ざらないように無香料のものを選ぶなど、やってみましょう。

脇汗の量と臭い対策上手さんの知恵袋、とても参考になるものばかりです。

これから脇汗対策を始める人も、この知恵袋を参考にやってみましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする