脇や手や足の汗がひどい!これって多汗症なのかな?

これって多汗症かな?

多汗症の症状は自律神経のバランスが崩れるとなりやすい

気温が暑くなる季節には、誰でも暑いと感じますし、汗もかきますよね。

しかし、そんなに暑いわけではないのに汗がひどくて困っているという人の場合には、何が原因だと思いますか?

原因はいろいろありますが、もしかしたら多汗症という疾患なのかもしれません。

多汗症というのは、文字通り汗が多くなるという疾患なのですが、原因は自律神経の中でも交感神経が強く作用してしまうことによって起こります。

それを引き起こしているのは、自律神経のバランスに影響を与えるストレスや不安、心配事など、精神的な要因だと考えられています。

自分が多汗症なのかどうかをチェックする方法は簡単です。

夏など暑い季節に脇汗や手汗がひどくなるけれど冬は問題ない、というのは多汗症ではない可能性が高いですね。

この疾患は、季節の変わり目に起こりやすいという特徴がありますが、その中でも特に秋から冬にかけて起こりやすくなるようです。

ひどい人だと朝から晩まで一日中脇汗や手汗をかくので、皮膚がふやけてしまうこともあるようですね。

多汗症の解決方法は?専門の医師に相談が必要になるのか

もしも自分が多汗症かもしれないと思ったら、解決できる方法はたくさんありますから、まずはトライしやすいものから試してみると良いでしょう。

市販されている商品なら、汗パッドを使ったり、パッド付のインナーを着たりといった方法は多くの人が実践していますし、制汗スプレーを使うという人もいるようです。

しかし、え?と思うような方法でも意外と大きな効果が期待できることがあります。

それは、防水スプレーを使うという方法です。

防水スプレーは、肌につけるものではなくて、汗染みが気になる服にスプレーするという方法で、これをすれば脇汗をかいても服に汗染みができにくいという効果が期待できます。

確かに、皆が汗ばむ季節なら、汗染みを作っても仕方ないかなと思えるかもしれませんけれど、皆が寒くてコートを着込んでいる季節に自分1人だけ大汗をかいて服に汗染みを作るのは恥ずかしいですよね。

防水スプレーを使えば、制汗という作用はありませんけれど、かいた汗を目立たなくすることはできそうです。

多汗症は疾患なので、病院で手術を受けるという治療法もあります。

症状がひどい人は検討してみるのも良いかもしれませんね。

暑くもないのに脇汗や手汗がひどくて困っている人は、もしかしたら多汗症かもしれません。

季節の変わり目になるとひどくなりやすい多汗症は、市販の汗パッドを使って対策できる他、病院で治療を受けることも可能です。

脇汗や手汗を病院で治療することはできるの?その場合の方法や費用は

治療の方法や費用は?

緊張や不安、ストレスなどによって自律神経がバランスを崩すと、交感神経の働きが活発になってしまうことがあります。

その結果、暑くないのに脇汗や手汗がひどくなってしまう多汗症という疾患を引き起こすことがあるようですね。

汗パッドなどで対策できるうちは良いのですけれど、ひどくなると一日中汗をかいているので服に汗染みができたり、手汗が原因で手湿疹ができたりするなど、日常生活でも不快なことが増えてしまいます。

そんな時には、自分1人でクヨクヨ悩まずに、皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。

脇汗や手汗がひどい場合には、手術で治療できることがあります。

全ての脇汗や手汗が対象となるわけではなく、原因や症状の度合いによって治療方針が変わりますけれど、もしも多汗症と診断されて交感神経の作用が活発すぎることが原因なら、手術という方法で治療することは可能です。

これは手掌多汗症手術と呼ばれるもので、外国では割と広く普及している手術なのだそうです。

具体的には、多汗を引き起こしている交感神経を遮断することによって汗が出にくくするようですね。

簡単にできるのはボトックス注射

脇汗や手汗がひどい時には、ボトックス注射を打つという方法もあります。

ボトックス注射というと、アンチエイジングでしわ取り術というイメージがありますよね。

確かに、そうした目的で行われることも多い施術なのですが、ボトックスには神経や筋肉を一時的に麻痺させるという作用があるので、多汗を起こしている部分の自律神経を麻痺させて汗をかきづらくしてくれます。

注射1本で約半年間ぐらいは効果が持続しますし、傷跡などが残らないので人気の治療法ですが、健康保険が適用外となってしまうので、1回の施術では数万円~数十万円という費用が掛かってしまうというデメリットがあります。

ひどくなければクリームで対応

病院を受診しても、度合いがひどくなければ手術を受けることはできません。

ボトックス注射ぐらいなら受けられるかもしれませんが、本格的にメスを使うような手術は、傷跡が残ったりする大掛かりな手術なので、受けずに済むなら受けないほうが良いというわけですね。

その場合には、

  • 制汗作用のあるクリームを使う
  • 自律神経のバランスを整える薬を内服するなど

他の治療法が選択されることになります。

治療することはできるのか?~まとめ~

脇汗や手汗がひどくて困る人は、病院を受診すれば適切な治療を受けることができます。

度合いがひどければ、手術やボトックス注射などで治療できますが、それほどひどくない場合には制汗クリームや内服薬などが使われることが多いようですね。

病院に行かずに脇汗や手汗を解消する方法!軽度なら自力で解決できるかも?

自力で解決

脇汗や手汗がひどくなるという症状は、どこかに原因があります。

季節に関係なく脇汗や手汗がひどいという人の多くは多汗症と呼ばれる疾患なのですが、これは自律神経がバランスを崩すことによって発症する傾向にあります。

自律神経のバランスを崩している要因
  • ストレス
  • 緊張
  • 不安など

心が穏やかでない状態が挙げられます。

このメカニズムを考えると、心をリラックスさせることができれば、自然と自律神経のバランスが改善できて、多汗症など脇汗や手汗も落ち着くのではないかと考えることができますよね。

実際に病院を受診しても、汗の度合いがそれほどひどくない場合には、精神状態をリラックスさせてくれる内服薬やクリームを使った治療法が選択されることが多いですね。

人によっては、病院に行かなくても市販のアイテムを使ったりして自力で脇汗や手汗の悩みを解決できることもあります。

これは使える!ミョウバン石鹸は最強

制汗作用があることで知られているミョウバンは、脇汗や手汗対策のスプレーとかロールオンなどにも有効成分として含まれていますよね。

このミョウバンをたっぷり配合しているボディソープや石鹸を使うと、毛穴から汗が出にくくなるので、脇汗や手汗だけではなく、石鹸やボディソープで洗った部分すべての制汗効果が期待できます。

手汗が気になる人なら、洗面所にミョウバン石鹸をおいておき、汗が気になったらその石鹸で手洗いをする習慣をつければ、汗を洗い流せるだけではなくて制汗効果もあるので、手汗が気にならなくなるでしょう。

制汗剤を利用することだってとても効果的

脇汗や手汗は、多汗症の人にとっては季節に関係なく年間を通して深刻な悩みですよね。

しかし汗ばむ季節になると、多くの人が脇汗や手汗で悩みますし、ドラッグストアやネットショップなどではたくさんの制汗商品がラインナップされます。

これらの商品を上手く活用することによって、日常生活で気になる汗から解放されるかもしれませんよね。

制汗剤にはいろいろなものがありますけれど、汗が多くて気になる人は、ロールオンとかクリームタイプのように、皮膚の表面に長時間有効成分が残るタイプのものがおすすめです。

結局のところ、脇汗や手汗がひどくて悩んでいるなら、まずは市販されているミョウバン配合の石鹸やボディソープを試してみてはいかがでしょうか?

ドラッグストアやネットショップにはたくさんの制汗商品がラインナップされているので、汗の量を抑えることができますよ。

サプリメントでも解決できるって本当なの?部位を問わずに効果を発揮してくれる

サプリメントで解決

制汗対策商品にはいろいろなものがありますが、その中も体内から作用するサプリメントは、脇汗や手汗など複数の部位から大量に汗をかく人にとってはおすすめの対策方法ではないでしょうか。

サプリメントを飲むと、有効成分が体内すべてに浸透するので、脇汗とか手汗とか特定の部位だけではなく、首汗とか頭汗など、全身全ての汗腺に作用してくれます。

脇だけ、手だけという特定の部位の汗で悩んでいる人にも効果的ですけれど、複数の部位から汗が大量に流れ出る人にとっては、大きな効果を実感できるのではないでしょうか。

制汗サプリの効果とは?期待値は高い?

制汗サプリには、いろいろな作用があります。

■一つ目の作用とは・・・

一つ目は、体内の余分な熱を逃がしてくれる作用がありますね。

体内に熱がこもってしまうと暑くなり、それが汗の原因となります。

体内の熱を放出してくれる作用を持つ成分にはカリウムがあり、サプリにはカリウムがたっぷり配合されていることが多いようです。

■二つ目の作用としては・・・

二つ目は、女性ホルモンのバランスをサポートしてくれるというものがあります。

女性向けのサプリではなく老若男女すべてに効果的な制汗サプリに含まれているわけですが、女性ホルモンは交感神経を沈めてリラックスさせる作用があるので、制汗サプリとしては優秀です。

具体的な成分としては、イソフラボンなどがあります。

女性ホルモン成分が入っているわけではないので安心してくださいね。

どのぐらいの期間で効果があるの?

サプリメントを使った制汗対策は、体内環境を改善することによって汗をかきづらい体質づくりを目指します。

そのため、サプリを飲み始めて数日という短い期間で劇的な効果を実感できるというわけではありません。

少なくても3か月~6か月ぐらいはサプリを続けることによって、体内環境が改善されて、脇汗や手汗の量が減ったり、汗のにおいがなくなることによって全体的に気にならなくなるようですね。

サプリを飲む際には、焦らず慌てず、気長に続けることが大切です。

脇汗や手汗で悩んでいる人は、サプリメントを使って症状を軽減することができます。

サプリメントは体内環境全体を改善できるので、脇汗とか手汗というピンポイントの部位だけではなく、全身の毛穴から汗をかきづらくしてくれます。

全身の汗がひどくて困っているという人にとっては、大きな効果が期待できるのではないでしょうか。

サプリ成分としては、カリウムとかイソフラボンなどが配合されているものが多いですね。

脇汗や手汗対策におすすめ!汗サプリ人気ランキング

人気の汗サプリ

脇汗や手汗の対策にはいろいろな方法があります。

その中でも体内環境を改善することで汗をかきづらくできるサプリメントは、細く長くつづけることによって少しずつ効果が期待できますし、脇汗や手汗だけでなく全身の汗コントロールができるので、人気があります。

ここでは、そんな汗サプリの中から人気商品をランキング方式でご紹介しましょう。

体質改善で脇汗や手汗を制したい人におすすめ

Asecarat(アセカラット)5.0

アセラカット
制汗成分のカリウムをたっぷり520mg配合しているAsecaratは、野菜やフルーツがあまり好きではない人や、濃い味付けの食事が好きな人、またお酒などで体がむくみやすい人におすすめのサプリメントです。

体内の熱を外に逃がしてくれるだけでなく、余分な水分も除去できるので、脇汗や手汗に効果的なだけでなく、むくみ防止にもつながります。

自律神経を抑える成分としてプエラリミリフィカ、神経をリラックスさせてくれる成分としてはGABAが配合されています。

シトラスムース4.0

どちらかと言えば汗が気になる女性向けのサプリとして人気のシトラスムースは、ホルモンバランスの乱れが原因の脇汗や手汗に有効なサプリメントです。

イソフラボンやプエラリアが配合されていて、女性ホルモンのバランスをしっかりと整えてくれます。

リラックス成分のGABAがたっぷりと配合されていますので、緊張や不安からくる汗対策によいでしょう。

また、カテキンやシャンピニオンエキス、渋柿エキスなど消臭成分も入っているので、ワキガを始め汗のにおいが気になる人にもおすすめですね。

アセッパー3.5


自律神経がバランスを崩すことで発症する多汗症など、ひどい脇汗や手汗で悩む人におすすめなのが、アセッパーです。

制汗作用のポリフェノールが高配合されていて、ベタベタだった汗をサラサラにしてくれますし、汗をかきづらい体内環境へと改善することができます。

また、カテキンや渋柿エキスなどの消臭成分も配合されているので、汗をかいた時のニオイ対策としても有効ですね。

最後のまとめ

脇汗や手汗など汗が気になる部位が複数ある人は、サプリメントを使って体内から環境改善に努めてみてはいかがでしょうか。

汗対策として販売されているサプリメントはたくさんありますし、それぞれが制汗成分や消臭成分などをたっぷりと配合しているので、続けることによって汗が気にならなくなります。

たくさんの人が使って満足している人気商品からトライしてみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする