【3回目115日目】レーザー照射後の痛みやタトゥーの消え具合は?


タトゥー除去などで検索するとブログやホームページなどがたくさん表示され全く知らない人の情報でも簡単にインターネット上で見ることができますよね。

多くのレビューサイト体験ブログといった写真や画像と一緒に紹介されているのをよく見るんですが、疑問に感じることがあったので皆さんに聞いてみようと思って記事にしてみました。

私が感じるのはタトゥーを消していく過程を画像付きで紹介されているものの多くが途中で更新がされないまま放置されているという事です。

治療が完結するまでにとても長い時間を費やしてしまうのでブログなどでは続かないのだろうとも思いますが、「実は消えなかったんじゃないの?」と勘ぐってしまう事もあります。

金銭的な事情で治療が続けられないとか、ブログを書くのがめんどくさくなってしまったとか、色々な理由があるとは思いますが途中で更新がされなくなってしまうと、とても気になってしまうというのがユーザー側の本音ですね。

あとはよくあるのが、途中まではこまめに更新されているけどいつの間にか完結して結果だけ更新しちゃっている場合もあって経過が知りたかったのに、コレまたイラっとくるブログも散見されます。

だから、出来る限りではあるが始めたからには消えても、消えなくても最後までお届けしようと考えている私です。

予約して訪問するまでが長くてダラけてしまうという症候群

実際2回目の治療が終了した時点で次の予約を決めませんか?
と助手の方から声を掛けてもらったんですけど、手帳がなかった事や先の予定が確定しづらいこともあって、その場では予約をしなかったので帰ってから予約をしようとすると思っている以上にタトゥー除去の予約が取りづらい傾向にあります。

特に冬から春先になってきたのでタトゥー除去などの問い合わせも多くなってくるというから繁忙期に近いものがあるのかもしれませんね。

そんなこんなで平日の昼頃になんとか予約が取れまして、行ったのですがやっぱり混んでて(混んでるのは脱毛とかかなぁ?)時間より早く行っても予約した時間でしか対応してもらえないくらいでした。

それに待っている時もタトゥー除去に関する電話対応(話してる内容でわかる!)なんかもあってバタバタしてる感じでした。

結局定刻まで待たされてしまったので、待合室で3人~4人くらいの人とすれ違ったし、いつも対応してくれる助手の方とは違う方が案内してくれて施術室に通されました。

クリニック担当

こちらのお部屋で治療を行います。

アイシングをするので幹部に関わる洋服を脱いでベッドに寝てください。


はい、わかりました。(慣れてる風)


クリニック担当

はい、冷やします。

このままアイシングをしておいてください。

ベテランの助手というような出で立ちなんだけど、なんとなくどっか抜けてるというか段取りが悪いというか・・・。

この間もベッドを上げたり下げたりしながら、掛布団を私に掛けたり、外したりを繰り返しているような感じ(笑)。

わかりました。
大丈夫です。

このあたりで先生が入ってきてレーザー治療機器の準備をしている感じ。

もうこの時点で先生はすぐにでもレーザーの照射をする準備をしている状態なのでそろそろかなぁなんて考えてると、「始めます。」という先生の声と共に治療を始めたところで違和感に気づきました。

いつもは、レーザー治療中はアイマスクをしてるのですが、今日はしてないんです。

そうです、ベテラン風のどこか抜けた助手が忘れてるだけだ!と推測して、

アイマスクが無いんですけど大丈夫ですか?


クリニック担当

あっ!?すみません。

忘れてました。

おいおい大丈夫か?って思っちゃいますよね。

アイマスクを装着後、すぐにレーザーを照射し始めました。

慣れてきただけにコレだけはやっておこうと決めた事

3回目は本当に痛いのが嫌だなぁと思っていたのでアイシングをガッツリやってもらいました。

確かに痛みは少しだけ和らいだ感じがしましたが、アイシングが切れてくるといつもよりジンジンするような痛みがありましたね。

でもやっぱりレーザーは痛いです。

回数を重ねていくごとにレーザー照射後の赤みが強くなっていくのと、レーザー治療中に「バチバチ」っとレーザーが弾く音がしてくるのがわかるようになってきます。

若干ですが、筋彫りの部分の腫れも大きいかなという程度。
(これは気のせいかも)

レーザー照射後の経過が前回と変わっているところが複数

3回目の治療で変わったのはタトゥーの部分の表面の皮が破れてかさぶたになったこと。

全部の場所ではないけど点々と数か所程度そういった部分ができていた。

特に痛いわけじゃないけど、性格上かさぶた取りたくなってしまう性分でそれを我慢するのが苦痛でした。

それと今回大きく変わったことは、タトゥーの場所が腫れあがって、1週間後くらいから痒みがひどくなっていたのですが今回はそれがあまり無いという事です。

レーザー照射後に赤くなって筋彫りの部分が盛り上がる(腫れあがる)ような状態が続いていたのですが、1週間くらいで腫れが治まってしまったんですね。

もちろん痒みも多少はありますが、ひどくはないし、ほっといても問題がない程度の物です。

これはちょっと驚きもありましたけど、きちんとタトゥー自体が「薄くなっているのかなぁ」と不安に感じてしまいます。

だけど時間の経過と共に薄くなっていくという事でしたのでそのあたりは治療後のアフターメンテナンスなど、毎日の処理をしっかりと行うことで、もちろん時間は掛かりますが最短で結果が表れてくるはず。

何だかんだ言っても治療の写真を見てもらった方が早い

これが3回目照射直後の写真です。↓

3回目直後全体

3回目直後部分

赤みが強いのと腫れているなっていうのがわかると思います。

やっぱり、照射直後だと薄くなっているなっていう感じは全くないですね。

レーザー照射から6週間後を見てみましょう【157日目】

こうやってみると明らかに薄くなっているというのがはっきりとわかります。

2回目との比較

これが2回目との比較写真です。

まあ、なんとなく薄くなっているねというのが部分でわかる感じでしょうか。

写真ではわかりづらいですが、墨の部分がすべて1段階薄くなっている感じです。

↓治療前と比べてみれば一目瞭然ですね。↓
治療前との比較

3回目6週間後全体

先生の言う通り時間をかけて少しずつ薄くなっていくというのがわかってきました。

最初のころは照射直後のほうが薄くなっているように思えたのですが、最近では6週間後の方が薄くなっているように感じますね。

またまた補足ですっ!

気になったので、クリニックの方に夏場の猛暑でもタトゥーのレーザー治療などだと汗や熱を帯びやすいので治療をストップした方がよいのか、続けて問題ないのか?


という事を質問してみました。

すると

  • 「夏場とかは関係なく皆様治療を進められていますよ。」
  • 「定期的に治療を続けた方が効果が出やすい。」

という事を話してくれました。

なのでこのまま真夏でも出来る限り続けようと思ってます。

また、夏場から治療を開始しようと考えている人でも問題が無いという事がわかりますね。

ただし。私個人的には真夏から始めるなら秋ぐらいまで待った方が賢明だと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする